スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Terry The Lazy Bee
スポンサー広告


放射能による神経系の障害
 放射能による影響は、甲状腺がんや白血病や出生異常・・・だけではない。
「病気」とされないもの(=したがって治療の対象とならないもの)もあるということを、この論文は示唆している。

 とくに留意すべきは、人格障害と知能指数の低下である。下に紹介した論文によると、子どもたちのIQは集団で10も低下している。チェルノブイリでの診察経験のある医師から私自身が直接教わった話しでは、これは確率的影響ではなく、また子どもだけに限られたことではない、程度の差こそあれ誰にでも起こりうる障害であるという。また、子どもを診察に連れてきた母親たちは、そろって「我が子は異常ではない」と否定し、診断結果を受け入れなかったという。

 子どもたちに尋ねられたとき、「放射能汚染は微量であれば病気にはならない。ただ君たちの知能指数がすこし下がる危険があるだけだから、心配しなくていいよ」などと言えるだろうか。
 なるべき人間になれなかった子どもたちの不幸は、だれが責任をとれるというのだろうか。

                ***

Annals of New York Academy of Science, 2009
“ Chernobyl:Consequences of the Catastrophe for People and the Environment “ から 抄訳

5.8.1 神経系の障害

 チェルノブイリの事故から22年経過した今日、低線量の電離放射線が中枢神経および自律神経の双方に様々な変化をもたらし、放射線による脳障害を促進する可能性があることは明白である。中枢神経系のいくつかの部分は、放射線による損傷を特に受けやすいのである。

5.8.1.1 ベラルーシ

 1.ゴメル県チェチェルスク地方で放射能レベル185ー2,590 kBq/㎡に汚染された地域において、妊娠中の女性、妊娠中の患者、新生児、および子どもたちを長期に渡って調査した結果によると、周産期(訳注:妊娠3ヶ月~分娩後1ヶ月)の脳障害の発生率は、事故前に比較して、2倍から3倍高かった。(Kulakov et al., 2001)

 2.すべての汚染地域において、神経系および感覚器官の疾病の罹患率は、有意に増加した。 (Lomat et al., 1996)

 3.汚染地域では、先天的痙攣症候群(癲癇)の症例が、事故後の最初の10年間において有意に増加した。 (Tsymlyakova and Lavrent’eva, 1996)

 4.1993年から2003年までに、神経系疾病および眼とその付属器官の罹患率が、 放射線被ばくをした両親から生まれた10歳から14歳までの子どもたちの間で際立って増加した。(National Belarussian Report, 2006)

 5.最も汚染がひどかった地域のひとつであるブレスト県ルニネスク地方では、子どもたちの神経系罹患率が増加した(Voronetsky et al., 1995)。この地域では、 2000年から2005年までに、子どもたちの間で精神障害が増加する傾向があった。(Dudinskaya et al., 2006)

 6.事故から10年後、汚染地域から避難したティーンエージャーの間では、精神系障害は、罹患率の高さで第2位であった。すなわち、検査された2,335人のティーンエージャーにおいて、罹患率は1,000人あたり331人であった。(Syvolobova et al., 1997)

 7.汚染地域においては、成人の神経障害は有意に高かった(31.2% vs 18.0%)。
16歳から17歳の高校生の間では、短期的記憶障害および集中力衰退が観察され、それらの症状の深刻さは、汚染レベルと直接的な相関があった(Ushakov et al. 1997)。

 8.汚染がひどかったゴメル県ナロフォリャ地方の農業機械オペレータ340人と、比較的汚染が少なかったミンスクの同様のグループ202人を比較すると、最初のグループは脳血管の病変の発生率が6倍も高かった(27.1% vs 4.5%、Ushakov et al., 1997)

 9.モギレフ県コツコヴィッチ地方は、Cs-137の汚染濃度が1,110kBq/㎡以上であったが、この地域の成人1,708人の神経系疾病罹患率は、比較的汚染が低かったヴィテブスク県で検査した9,170人より、顕著に高かった。 (Lukomsky et al., 1993)

 10.1991年から2000年までに、ベラルーシのリクイデータたちの間では、神経系と感覚器官の疾病が2.2倍に増加した。(Borysevich and Poplyko, 2002)

5.8.1.2 ウクライナ

 1. キエフ県ポレスク地方で放射能レベルが740ー2,200 kBq/㎡に汚染された地域において、妊娠中の女性、妊娠中の患者、新生児、および子どもたちを長期に渡って調査した結果によると、1986年以後、周産期の脳障害の発生率は、事故前に比較して、2倍から3倍高かった。(Kulakov et al., 2001)

 2.汚染地域における子どもたちの神経系疾病の発生率は、事故の2年後に際立って増加した。(Stepanova, 1999) 1998年までに、子どもたちの神経系および感覚器官の疾病は、1986年と比較して6倍に増加していた。(TASS, 1998) 1988年から1999年までの間のその他のデータでは、その10年の期間に神経系疾病は、子ども10,000人あたり2,369人から4,350人に、つまり1.8倍に増加したことが示されている。(Prysyazhnyuk et al., 2002)
 
 3.チェルニコフ県の汚染地域では、事故の7~8年後になって、疲労感の増大および知的能力の低下が中学校と高校において確認された。(Bondar et al., 1995)

 4.避難者の子どもたち70人の脳波波形(EEGs)のうち、その97%が大脳皮質および皮質下の構造的・機能的未発達を示した。つまり、これら70人のうちわずか2人しか正常なEEGsがなかったのである。(Horishna, 2005)

 5.妊娠中に放射線被ばくした子どもたちは、より多くの神経系疾病および精神的障害を有していた。(Igumnov et al., 2004; Table 5.45)

 6.汚染地域では精神的病気をもった子どもたちの数が増加した:1987年には発生率は1,000人あたり2.6人だったが、2004年までに1,000人あたり5.3人になった。(Horishna, 2005)

 7.神経系無力症および自律調整機能障害の発生率は、避難者の子どもたちにおいては、対照群と比較すると5倍以上高かった。(Romanenko et al., 1995a)
 8.放射線被ばくを受けた子どもたちのIQは、(そうでない子どもたちより)低かった(図 5.1)

1

 (図 5.1)プリピャチ市から避難してきた・放射線被ばくが
  ひどかった子どもたちのグループ(=Exposed)と、被ばく
  が少なかったキエフから避難してきた子どもたち(=Control:
  対照群)の知指数(IQ)の比較。
       
 9.妊娠16周から25周の間に子宮内で被ばくした子どもたちは、広範な異常を発現させている:

 ・脳の障害あるいは脳の機能不全に帰すべき精神異常および人格異常の
  発生率の増加(F06、F07)
 ・心理的発達異常(F80-F89)
 ・発作的状態(さまざまな頭痛 G44; 偏頭痛 G43; てんかん G40)
 ・身体表現性障害(F45.3)
 ・幼児期の行動障害および情緒障害(F90-F99)
     
2

 10.プリピャチ市から避難した高線量被ばくの子どもたちの知能指数(IQ)は、キエフ市からの被曝量の少ないこどもたちの知能指数に比べて、劣っていた(表5.46)
   
3
*pIQ : 動作性IQ、vIQ : 言語性IQ

 11.事故後の最初の6年間、特に1990年以降、成人の神経系の罹患に顕著な増加が見られた(表5.47)


4
   *Vasomotor dyscracia : 血管運動神経の障害
    
 12.神経系および感覚器官の罹患率が、汚染地域では、1988年から1999年の間に、3.8ー5倍に増加した。成人の避難者のあいだでは、これらの病気は、人口全体よりはるかに頻繁に発生した。(Prysyazhnyuk et al., 2002) 1994年において、成人とティーンエージャーおよび避難者における神経系の病気は、汚染地域のおける罹患の10.1%を占めた。(Grodzinsky, 1999)

 13.リクイデータの93%から100%は、神経病理学的な障害があり、同時に器質的な精神異常の徴候を圧倒的に示していた。(Loganovsky, 1999, 2000) 現地の精神医学上の分類やICD-10、DSM-IV の基準に従うと、心的外傷後ストレス症候群(PTSD)や、心身症的・器質的・分裂病的な人格異常などが、記録に残されている。(Loganovsky, 2002)

 14.ランダムに選択された100人のリクイデータのうち、26人が、慢性疲労症候群(CFS)の診断基準を満たしていた。慢性疲労症候群は、リクイデータたちにとって、事故の結果として最も広範囲に及ぶ症状のひとつであるかもしれない。(Loganovsky, 2000b, 2003) さらに、CFSの発生率が有意に(p<0.001)低下したにもかかわらず(1990年-1995年 65.5%から、1996年-2001年 10.5%)メタボリック症候群X(MSX-心臓疾患の危険因子のグループ)は同じ期間に有意に(p<0.001)増加したのである(15%から48.2%へ)。CFSとMSXは、その他の病変へとつながる最初のステージであると考えられ、CFSは、神経変成、認知障害、精神神経系障害へ変化していく可能性がある。(Kovalenko and Loganovsky, 2001; Volovik et al., 2005)

 15~23 (略)

 24.1990年以来、チェルノブイリ居住禁止区域の人たちのあいだでは、一般の人たちと比較して、統合失調症の発症率が有意に増加している(1990年のウクライナにおいて、人口1,000人あたり、5.4人 vs. 1.1人)(Loganovsky and Loganovskaya, 2000)。汚染地域で生じた放射線被ばくは、情報処理に関わる大脳皮質-大脳辺縁部を分子レベルで損傷し、もともと統合失調症の傾向のあった個人においてはその引き金を引き、あるいは統合失調症に似た障害の原因となり得るようなダメージを脳に引き起こした。(Loganovsky et al., 2004a, 2005)

 25.1995年から1998年まで、チェルノブイリから150Km以内に住むリクイデータ、林業および農業作業者について、長期に渡ってその認知能力の調査が行われた。被ばくしたグループ(特にリクイデータ)の認知の正確さおよび効率は、4年間の平均レベルで、対照群(チェルノブイリから数百Km離れた健康なウクライナ人)に比べて、有意に低かった。長期の分析の結果、認知の正確さや効率とともに、すべての被ばくグループはその4年間を通して精神運動性もスローであることが明らかにされた。これらの発見は、電離放射線の急性被ばく・慢性被ばくの両方から、脳機能に障害がもたらされたことを示唆している。 (Gamache et al., 2005)

5.8.1.3 ロシア (略)

5.8.1.4 その他の諸国

 1.エストニア チェルノブイリ以後、自殺は、エストニアに居住するリクイデータたちの死亡原因の第一位であった。(Rahu et al., 2006)

 2.リトアニア リトアニアの一般国民と比較して、チェルノブイリのリクイデータたちのあいだでは、自殺を理由とする年齢調整死亡率が増加した。(Kesminiene et al., 1997)

 3.スウェーデン 1983年から1988年までに生まれた562,637人のスウェーデン人についての包括的分析によると、事故継続中に胎児だった群は、事故より少し前に生まれた子どもたちの群および事故の少し後に生まれた群より、学校の成績が劣っていることが明らかにされた。妊娠後8~25周の間に被ばくした子どもたちの群においては、この成績低下が、他の群より大きかった。さらに、より多くのフォールアウトがあった地域で生まれた生徒たちの間では、より多くの障害が見られた。フォールアウトの影響が最も大きかった8つの自治体では、高校入学資格者が有意に(%で3.5ポイント)低かった(Almond et al., 2007)。これらの発見は、排卵後8~25周で被ばくした(日本の)ヒバクシャたちのIQが低かったことと符号している。(Otake and Schull, 1984)

5.8.1.5 結語

 汚染地域における多数の人々特にリクイデータたちのあいだで神経系の疾患が発生していることを証明したデータが次々と積み上がってきて、 神経系は放射線による損傷に対して抵抗力があるという従前の主張は論破されている。以前の放射線防御対策では無害と考えられていた相当少ない量の放射線ですら、生体組織にはっきりと分かる損傷を与える結果となっている。汚染地域における現在の放射線レベルが数えきれないほど多数の人々の中枢神経系に障害を与えていることは、明白である。
 汚染地域に住む多くの住民たち、特に胎児の段階で被ばくした人たちおよびリクイデータたちは、認知、短期記憶、集中力の持続期間、動作にかんする判断力、夢見などが悪化している。これらの異常は、大脳半球の深部、すなわち間脳、前頭葉・側頭葉の深部、後頭頂部の損傷と関係している。低線量被ばくは、自律神経に損傷を与える。広島・長崎の原爆の炸裂をくぐりぬけた母親から生まれた子どもたちの45%に知的発達の遅延がみられるという事実は、ひじょうに厄介な懸念すべき問題となっている。(Bulanova, 1996)
スポンサーサイト
Terry The Lazy Bee
未分類
0 0

低線量内部被ばくと下痢(原爆症認定訴訟から学ぶこと)
沢田昭二氏(名古屋大学名誉教授)のインタビュー(岩上安身氏) 約2時間40分
http://www.ustream.tv/recorded/15241220

全文書きおこし(長文)
<その1>
http://blog.livedoor.jp/tokiko1003/archives/2799584.html
<その2>
http://blog.livedoor.jp/tokiko1003/archives/2799595.html
<その3>
http://blog.livedoor.jp/tokiko1003/archives/2799611.html
<その4>
http://blog.livedoor.jp/tokiko1003/archives/2799636.html


<上記の全文書きおこしから、一部引用>

(沢田氏)被爆者がどういう被曝をしたかというと、放射性の雨よりも、放射性の微粒子、つまり雨粒ではないもので被曝をしていることが判っている。それに気が付いたのは1990年代の終わりに、被曝手帳をもらった被爆者は検診ができるが、被爆者自身が放射線の影響で自分が病気になったということを、国が認定してくれれば、原爆症認定で特別手当で治療費だけではなく、生活面も含めて支援する。しかし、厚生労働大臣が認めないと認可されない。その認定がどんどん厳しくなっていった。そこで被爆者が1990年代に裁判を起こしだした。長崎の被爆者、まつやひでひこさん、京都のこにしたておさんが、10年ほど裁判に取り組んでいた。その最後の段階で、ぴかっと光った瞬間の初期放射線を遠距離では過小評価していることが、裁判で問題になった。私は、広島・長崎でそういうものを測定するグループに入れてもらっているので、彼らの測定結果を分析すると、遠距離で系統的に過小評価になっていることが判った。それを控訴審の段階で出した。こにしさんの場合は、地裁の段階で初めて裁判所の門をくぐり証人になったのが1990年代の終わり。こにしさんの場合は高裁で勝利して終わり、まつやさんの場合は最高裁までいって勝訴した。しかし厚生労働省は、影響が何だったのかを認めない。その時まつやさんの証人になってくれたわたなべちえこさん、彼女は2800mで被曝している。しかし、髪の毛が抜けた。まつやさんは2455mで被曝したが、髪の毛が抜けた。多くの被爆者はその距離で脱毛している。初期放射線は2.5kmまでしか届かないが、そこのところを実験にあわせて過小評価を是正したとしても、説明できない。裁判には勝ったが、彼女たちの毛が抜けた原因が放射性降下物しか考えられない。ところが、長崎では放射線降下物の影響は、東側の3kmほど離れた西山地域しかないというのが国側の基準になっている。しかし、彼女たちが被曝したのは南側。とうことは長崎でも南側でも放射性降下物の影響があった。雨はそんなに降っていない。とすると、放射線微粒子が充満して、それを吸い込んで病気になったとしか考えられない。

                    ***

(沢田氏)僕がこの研究をやっていて典型的に明らかになったことは、「下痢」。
下痢は爆心地に近いところは、脱毛に比べて発症率が低い。それは、透過力の強いもの、ガンマ線などが腸の粘膜まで到達しないと、下痢を発症させない。腸の粘膜は薄い。ガンマ線が透過力が強いということは、まばらな電離作用しかしない。薄い腸の粘膜に、ポツンポツンとちょっと修復できる程度で透過してしまう。ものすごい強い量のガンマ線でないと腸壁に傷は残せないので、すごい放射線量を浴びて初めて下痢が起こる。国側も放射線影響の研究者たちは、「下痢が起こる線量というのは、人々が死ぬる4SVよりもっと10SVくらい浴びないと下痢は発症しない」と未だに言い続けている。しかし実は、1.5kmとか放射線降下物の影響が大きいところでは、脱毛や紫色の斑点ができるよりもはるかに下痢の発症率が高い。彼らは、放射線の影響ではないというが、下痢は身体の中に入ってきた時、内部被曝だと透過力の弱いものが集中して影響を与える。つまり低い線量でも発症率が高くなる。こういうことが放射線の影響を調べると明白だった。そういうことを研究者が明らかにすべきだった。

(岩上氏)これはネットなどで紹介している論文ですか?これは意見書も付いてkますね。

(沢田氏)裁判で使ったから。裁判のものはあまりネットでは公開されていない。

(岩上氏)これは公開しないようにしているのか?

(沢田氏)いや、大丈夫です。

(岩上氏)これを我々でUPしてもかまわないか?

(沢田氏)OKです。差し上げます。

(岩上氏)ありがとうございます。こうやって見てくれている視聴者の中にもっときちんと読みたいという方もいると思うので、その為にレファレンスをつけたいと思う。

(沢田氏)これはかわなかゆうこさんという岡山の裁判所で敗訴し、今控訴しているのだが、27の判決では被爆者の側が勝利しているが、唯一岡山地裁だけが、一人しか原告がいなかったこともあるが、全く放射性降下物の影響を考えないで判決を出しているから、今控訴している。彼女は4kmで被曝している。4kmだとかなり放射線降下物の影響を受けていることは明白。これは先ほど言ったおくけんさくさん、広島のお医者さんが、特に中心地に出入りしなかった被爆者(中心地に出入りすると、残留放射線の影響受けるが、)、そして屋外で被曝すると火傷などで病気になる可能性があるような屋内被爆者と、分けて調べているのはおくさんしかいない。すごく貴重なデータ。彼の研究結果によると、四角が脱毛、丸が皮下出血。この二つはほとんど距離と共に共通している。しかし下痢(三角)については、近距離は逆に発症率が低い。(資料アップ 01:20:30-)この違いを説明するためには、近距離は、初期放射線による外部被曝、つまり透過力の強い放射線が腸の粘膜まで傷つける。それは大量に浴びなければならないから、発症率が低くなっている。遠距離は、放射性降下物の影響で内部被曝、つまり透過力の弱い放射線が影響を与えているという説明ができる。これをやったのは僕が初めて。
こうした被曝したデータをちゃんと解析すれば、外部被曝・内部被曝の違いは解る。それを全然今までやってこなかった。僕は素粒子専門だから、それまで放射線の影響など研究していなかったが、こうやって研究すると脱毛・皮下紫斑・下痢の症状を比べると、全部違った急性症状を同じ線量で同時に説明できることを見つけた。論文を書いて投稿するが、雑誌に掲載すると大混乱が起きる。科学的な拒否の理由ではなく、「今までと全然違うから、大混乱が起きる」ということで掲載を拒否される。

(岩上氏)どこの雑誌でしたか?

(沢田氏)オックスフォードの出している国際的な雑誌「Radiation Protection Dogimatory」。先ほどのヨーロッパの放射線リスク委員会も自分たちが出した論文のほとんどが毎回拒否されるから、「あなたも根気強く続行しなさい」と激励してもらった。




Terry The Lazy Bee
未分類
0 0

呼吸器系疾患の初期症状(日本語訳)
Annals of New York Academy of Science (2009)
P.92

5.5 呼吸器系疾患

チェルノブイリからのフォールアウトによって汚染された地域では、いたるところで呼吸器系の罹患が著しく増加している。鼻腔、喉、気管、気管支、肺などの呼吸器系の疾患は、放射線による影響の中でも、明白なる最初の影響であり、(症状は)鼻血や喉の刺激感から肺がんにまで及んでいた。ホット・パーティクル、別名 ”チェルノブイリ・ダスト” は、溶融した核燃料に由来する放射性核種と共に、金属の建造物や、土壌、etc.からの微粒子をも含んでいた(詳細は第1章参照)。これらの微粒子は、ウラン酸化物の低可溶性のゆえに、長期間にわたって肺の組織内に残存するのである。事故につづく初期の何日かの間において大人の口、喉、気管などの呼吸器系におこった諸症状は、基本的に、放射性核種がガスあるいはエアロゾールという形態であったこと関係していた。この初期の期間においては、I-131、Ru-106、Ce-144が呼吸器系に最も深刻な影響を与えた(IAEA, 1992; Chuchalin et al., 1998; Kut’kov et al., 1993; Tereshenko et al., 2004)。さらに、ホット・パーティクルと外部被ばくによって、呼吸器系疾患にさらなるダメージが引き起こされた。それは、また、免疫系やホルモンが変化したことも影響している。最も小さなホット・パーティクル(<5μm)は、容易に肺の最深部まで到達し、いっぽうそれより大きな微粒子は、肺より上部の呼吸気道でトラップされたのである(Khrushch et al., 1988; Ivanov et al., 1990; IAEA, 1994)。


P92.jpg



P93.jpg







Terry The Lazy Bee
未分類
0 0

現代撮影事情 Ⅱ
カメラつき携帯なら、ひとにシャッターを押してもらう必要もなく、二人の距離もぐっと近くなろうというもの。そのうち「セルフタイマー」なんて単語は、死語になってしまうかもしれません。

新春風景・記念撮影_700
Sony A900, CZ1.8/135


Terry The Lazy Bee
未分類
0 0

thema:写真 - genre:学問・文化・芸術


クリスマス風景
家内と心斎橋へ買い物に行きました。街はクリスマス・プレゼントを買う若い人たちでごった返していましたが、驚いたのは、若い女性たちの服装の派手で奇抜なこと、そして化粧のケバいこと。キャバ嬢みたいでした。街にはクリスマス・ソングが流れ、どこもかしこもイルミネーション・・・なんだか、世紀末の退廃的なムードが漂っているように感じました。若い健康的な美しさは、どこへ行ったのでしょうか。

帰りに家内を行きつけの美容院(写真)へ送っていきました。明日は家内の・・・自称28回目の・・・誕生日でもあります。

メリー・クリスマス。

DSC00357(6).jpg

Sony A900, CZ1.8/135



Terry The Lazy Bee
未分類
0 0

thema:写真 - genre:学問・文化・芸術


| HOME | next
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。